2005年06月04日

社会の窓じゃなくて

ども!会社があるのに、連続外泊のペンギンです(笑)
月から土まで仕事があったわけですが、調子に乗って木・金と友の家に泊まってきちゃいました。
え、服とかはどうしたかって?Yシャツやネクタイが一緒だとか?そんなん聞いてはいけません(T_T)


それで、今日は会社の人と河原でバーベキューをしてたのです。
土曜だけど仕事があったので、スーツでの参加です。3月に新しく購入したばっかのね。
20人くらいで、わいわいがやがや。
皆で食べたり飲んだり、会話にうまく入れないまま(笑)バーベキューが進んでいきました。
僕はフツーにあぐらをかいて、フツーの話をしてました。

すると、ちょっと綺麗系の同期の子が言いました。
僕のちょうどズボンの方を見つめて、


女の子「・・・○○君、そこ開いてるよ」


(慌てて下半身を見て)自分「・・・え、まじで?」


てっきり、社会の窓(よーはズボンのチャック)が開いてるのかと思って、慌ててチャックに手をやると、きちんと閉まってました。なぁんだ勘違いかよ、と思ってほっとしていると、悲劇はそこから始まりました。


女の子「えっと、そこ…じゃなくて、その下


・・・・・・

・・・・・・・・どどどどど


ズボンの股間部分、穴が開いてるがな!!


なんとズボンのチャックの下から、股間を通ってお尻の下まで、切れて穴になっていました。うっすら見えるトランクス。


・・・・・・


トランクス「バーニングフラーッシュ!!」(涙まみれで)



もう、なんていうか、絶望でした。
修復が望まれます。(服も人格的にも)



何がつらいって、その場はネタで終わるのでいいんですが、それをさらしながら家mで帰らないといけないのが痛かったです。普通に歩いてる分には見えないんだけど、電車で椅子に座ったりすると、もろ開いてる所が見えるんですわ。階段とかも悲劇です。階段上ってる時とか、下からトランクスちゃんが丸見えですし下りる時だって丸見えですから。下着を見られる(見せつける)のはやばいので、バッグで見えないように階段上り下りです。

こう、なんていうか、ミニスカートを着る女子高生の気持ちがよく分かった一日でした(笑)


絶望。
posted by ぺんぎん at 22:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。