2005年05月31日

ビオロン

フランス語で、バイオリンのことをビオロンっていうらしいっすね。




びおろ〜ん



びおろ〜〜ん




びおろ〜〜ん





・・・そんだけ(笑)
posted by ぺんぎん at 22:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

夏のひかり

買って読んでいなかった、江国さんの夏のひかりを読んでいます。今3分の2くらい。

おもしろーい。

日常のことを書いているのに、何か幻想が織り交じってて、生活感がないのが不思議です。読んでいると、足が中に浮いてるような感じがします。

思わず帰り道に、森山直太郎を思い出して、「な〜つのひ〜か〜り〜」って口ずさみながら、感傷に浸って帰って来たんですが、今思うと「なつのかおり」だったよ(笑)夜中に口ずさんでる上に間違ってるなんて2度恥ずかしいぢゃん。
posted by ぺんぎん at 22:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

筋肉痛

やばいです。

動けません。。。

会社の公欠欄に「筋肉痛」を入れて欲しい。
そうしたら、毎日スポーツするのに黒ハート

あーもー運動すると、休日休んだ気がしないわ・・・
posted by ぺんぎん at 23:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

ドライブ

ドライブに行くので、何か最適なCDをチョイス!
皆が分かって爽快なヤツは・・・



・・・・

・・・・・・


趣味がマニアックすぎて見つからなーい!(泣)



ブリトラとか持ってったら殺されるだろうなぁ。。。
posted by ぺんぎん at 01:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

女好き

北斗七星なんて大嫌い!!
    −−八番目の星より

同じ星なのに、選ばれたものと選ばれたものじゃ大分扱われ方が違うよね。見られもしないし、たまに見られても「あ、それちげー星だよ」って言われてしまう。星座に選ばれた星達は、夜の勝ち組だ。

星の数程いる僕たちは・・・?

選ばれなくって悲しくおもう人。嫉妬する人。
逆に目立たず、静かに生活をおくれることを喜ぶ人。
考えるがそんなこと全く気にしない人。
思考停止の人。

・・・・・・・・・・・・・

ところで、男で女流作家が好きって駄目ですか?
しかも、エッセイ・恋愛小説系(笑)
例えば、江国香織、村上由佳、角田光代、山田詠美、ばなな。
唯川恵はついていけないけど(笑)あ、山田詠美もか。。


「エッセイや恋愛小説って読んでも何の役にもたたないじゃん?」      

なーんて言われそう。
でも、うんちくやビジネス書、推理小説やドラマチックな本より・・・
何気ない小さな日常生活を描いたものが大好きなんです。

優しかったり。
幸福を感じたり。
欲望が渦巻いていたり。
思い通りにならなかったり。
なげやりになったり。
それでもまぁいいやって過ごしたり。

自分の全く知らない人が、思い思いに過ごしてる。
特に女性が書く文章は、最初は何でこんなことに拘るのかとか、風景描写が長くて飽き足りとか、読み飛ばすとこも多かったけど、感情の揺れが凄いリアルではまってしまった。
不倫ものとかイレギュラー多すぎっすよ(笑)異常な性行動とか。重松清の流星ワゴンもびっくりだったけど。。
一般論だけど、彼女らの本には、他の人から見たどうでもいいことや、関係ないことを、でも自分の中ではその時大問題なことを、悩んだり、もがく人が沢山登場する。恋愛といっても幸せな恋愛って何?って思わされる。読み終わったら自分のことを重ね合わせてたりする。今悩んでることを、大したことないとか、そのうち慣れるとか、ささいなことって言うのは簡単。でも、自分の中では大問題。でも、静かに描かれていく小説。

まぁ何が言いたいかっつーと、

皆読め。

ってなだけだったりして(笑)

ちなみに最近は男ですが、今更石田衣良にはまってます。
好き嫌い別れそうかな。
ほら、フォーティーンとか池袋ウェスト〜の人!!
娼年とか大好きです(でもこれ18禁級かも?笑)
スローグッドバイもいいな。
心が穏やかに、優しく感傷的になりますよ。

通勤時間は 勉強→読書 になっちまったぜいふらふら右斜め下          
posted by ぺんぎん at 23:40| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンサラーシュ写真館(ポルトガル)

このブログにはアクセス解析ってのがついてるんです。
詳しくは分からないけど、例えば、yahooから今日は3人来てくれたんだなってぐらいが分かるようになってます。
検索でこのブログがかかった場合は、その検索用語も分かります。
例えば、最近多いのは「南極」「詐欺事件」「初任給」(笑)です。

そんな中、嬉しいキーワードを発見!


モンサラーシュ ポルトガル


!!!!!
なんと、ポルトガルで大好きな田舎町モンサラーシュを調べに、このブログに来てくれた方が沢山(実は1人)いるんです!!もう嬉しくって。

・・・という訳で、誰も期待していない、モンサラーシュ特集揺れるハート


モンサラーシュは、ポルトガル内陸部にあります。
首都リスボンから2時間でエヴォラ(エバラではない)という都市に行き、そこからさらにレゲンゴスモンサラーシュ経由のバスでモンサラーシュまで1時間半ぐらいで行けます(結構遠いね)。
バスの本数が少ないので、エヴォラで一泊し、次の日にモンサラーシュへ1泊をお勧め。モンサラーシュ日帰りは、個人ではまず厳しいっす。何より、あの何もない時間、牛の鳴き声、夜へと変わっていく美しさ、静けさ、夕日&日の出を体感して欲しいので、是非1泊して下さい。
ちなみに、地球の歩き方には、バスが1日2本しかないとあったと思いますが、多少乗り継ぎが悪くて待ってもいいなら(20分くらいかな?)もっとあった気がします。といっても、4本ぐらいですが。

この街の魅力は、@山の上にぽつんとある村、Aそこから見る景色、B静けさを独占&ゆったりできる、C村の人が凄い親切、D人が少ない、Eご飯が美味しい、F上に書いたような他では出来ない体験等、言い尽くせません。まぁ、実際行ってみると何もなくて暇すると思いますが(笑)自分は、わざわざ猿みたいに歩いて山を下りました。。。帰りに上ることなんて考えてなかったよあんちゃん。

<モンサラーシュの風景/12月>



入り口。こっから村に入るのよ〜。城壁で囲まれている。
301iriguti.JPG



中央広場の道。人がいない代わりに何故か人形が沢山・・・がく〜(落胆した顔)
302hiroba.JPG



村の外。な、なにもないっす。。奥多摩もびっくり。
303.JPG



街の概観、闘牛場跡地より。
304.JPG



個人のお家を城壁から隠し撮り。犬の声しかしないよ。サボテン??
305.JPG



泊まった宿ぴかぴか(新しい)中はめっちゃ綺麗でロッジみたい、下の階に普通に家族住んでる。
306.JPG



近くの丘から見てみました。
pic136.JPG



日が沈んできたね。。空がアートみたい。ぼーっと2時間何もしない。。
308.JPG



夜の村の様子。ねっねっ、綺麗っしょ?人っ子一人歩いちゃいねぇ。
309.JPG



近くの丘からまたまた見てみました。
310.JPG



夜、丘から宿への帰り道。
311.JPG




以上、自己マンでした!!(泣)

検索で来てくれた方、みていただけると嬉しいです。
ポルトガルに行ったらモンサラーシュに行け!!行ってね黒ハート

※まだまだ写真はあるんですが、手動で写真小さくして載せるの結構大変なんす。堪忍。
(写真はクリックで大きくなります)
posted by ぺんぎん at 01:29| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

サロンパスじゃなくって

疲れた時は、リラックマ!!黒ハート

大変なのは分かるけど、仕事内容よりもアナタのことが一番心配。

無理しないで、時にはリラクマーしていこう右斜め上

rirakuma1.jpg
posted by ぺんぎん at 22:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

人生修正派

計画に修正はつきものだ!

学生時代、テスト2週間前頃。
「今度こそはしっかり計画を立てて頑張ろう!」

・・・と意気込んで作ったはいいが。

毎日計画の修正ばかり。

勉強っつーか、修正で時間終わってんじゃん。
そんな感じです。


引越し案も贅沢言わずに変更するぞ!(独り言)

今まで贅沢に考えすぎてました。
絶対6畳以上、マンション、防音、ガスキッチン、風呂トイレ別、屋内洗濯機、礼金1ヶ月以下、通勤1時間以内。。これじゃあいい家が見つかる訳もない。見つかったけど予算がない。

別にユニットバスでもいいじゃん。

キッチンも電気でもいいじゃん。

洗濯機べランダでもいいじゃん。

譲れないもの→→通勤時間の短縮!!
あと、個人的に防音。隣から変な声聞こえたら嫌だもん。トイレの音とか、いびきとか、筋トレの息遣いとか。

引っ越す時期も遅くします。
6月だと予算が20万しかない。
7月まで粘れば、30万目指せます!
しかも、ミニボーナスも出るって訳だし。

そんな訳で、7月の下旬に多少狭くてもいいから、会社から通勤30分くらいの所に引っ越してやるー!!今はいいけど、毎日終電じゃたぶん体が持ちません。


ぼーっと空を見れた時間が懐かしいわぁ。


トマールの世界遺産の修道院の外から、見た空。
2sora.JPG
posted by ぺんぎん at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

旅行写真パート2

「いい天気だなぁ」

2buronzu.JPG

↑は、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ(世界遺産)の近くの公園にあるベンチに腰掛けるブロンズのおじさんです。合成ではなく、撮ってきた本物の写真です(暇人でした…)

ベンチにブロンズ像のおじさんを座らせちゃうなんて、スペイン人もなんてユニーク!
こんな紳士が隣に座っていたら、どっきどき揺れるハート

席は譲ってくれないけどね。


「オッラー、おらしんのすけ」
2shin.JPG


1.5ユーロ(200円)で叩き売り!!
ビーゴ(スペイン)の電車乗り場より。

つけられた値段に驚きを隠せないしんのすけ。
その顔はまさに劇画タッチ!
光の当たり具合で衝撃的な表情になっています。
「おら、下半身まで出してるのに…」
値段は200円。

こんなお土産を電車乗り場の貴重なスペースで売るなんて、

スペイン人は商売やる気あるんすかね(笑)


明日からまた1週間会社は厳しい(><)
posted by ぺんぎん at 23:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

引越し

今日のブログは公開されていることを全く無視して書いてます。生活を整理したくって。

来月あたり、引越したいなぁと思ってます。
でも、一人暮らしなんてしたことないんで、家の探し方も分からんし、必要な家具も予算も分からんかったんです。
んで、この前某SEに色々アドバイスってもらったんでまとめよっと。

全財産少なく、今月残りそうなお金がわずか10万。
頑張って来月も10万残すとする。

予算20万円。

住宅費:家賃65000円として、前払い家賃同額、敷金13万、礼金13万、仲介料65000円、火災保険15000円、鍵交換費用5千円?=41万円!!

すでに予算オーバー!たらーっ(汗)(涙)
消費税なんて考えたくもない。。

で。

最低限必要な家具(全て未所持!

冷蔵庫:2万
炊飯器:0.7万
レンジ:1.5万
洗濯機:4万
テーブル:1万
アイロンセット:0.7万
布団(ベッドはそのうち):1万
雑費:2万
=13万!!

光熱費とかうんちゃらを3万、食費3万として。

合計=60万


予算=20万


・・・・・

悟空:「3倍だぁぁぁ!!」


界王拳なんか使ってるばあいぢゃないもうやだ〜(悲しい顔)
せめて界王券(金券)を下さい。
40万もどうするの(T。T)
考え直し中。。。
posted by ぺんぎん at 22:51| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイブ

今、RAVE(レイブ)にめちゃめちゃはまってます。

RAVEってのはマガジンで連載中のマンガです。
社会人になあったのに漫画だなんて・・・なんて言わないで(T_T)

一言で言えば、「剣を持った少年が、冒険して世界を救うお話。」
何か最初は特別面白かった訳じゃなかったんだけど、勢い・テンポが凄い良くてはまりまくってしまったんす!
エリーやベルニカとか普通に可愛いし(危険!2次元逃避!!笑)
何より、凄い脇役キャラが何故か主役級のキャラになってるのがいい。
作者が自分で書いててお気に入りになった敵は、いつの間にか大活躍。
元々はザコキャラだった敵が、変身したり、ドラマがあったり、彼女が出てきたりします。何故かボスきゃら級とも戦ったりする程強いし(いつ訓練したの?)ちなみに、レットのことです、読んだことある方。

ただ、こんなに長く続いていて、未だに連載中なんて知らなかったよ、あんちゃん。
一生懸命そろえて今やっと32巻だよ。おかげで睡眠時間吸われまくりじゃないか。。

まぁ、32巻そろえたって言っても、

買うのは弟ですが爆弾


悪魔な私。

ブックオフで集めてくるらしいんですが、でも流石にお金の量も違うし兄貴だし、この前大人買いってやつをやりました。数冊を定価でがばっとグッド(上向き矢印)

そしたら、全く同じ日に弟は同じ巻をがばっと買ってよりました。。
なんか、空回り兄貴…(しかも自分が続き読みたいだけだし)

早くマンガ卒業しなくちゃ・・・・
posted by ぺんぎん at 01:34| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

こんせぷと

旅行とペンギンがウリのブログ。
でも、どこにも載ってないじゃんかー!
そんな批判を防ぐため、旅行の写真をちょこちょこ載せようと思います!

でも、綺麗な景色を載せるのは何かつまんないんで、

どうでもいい写真を載せようと思います。

とりあえず、噂のポルトガルから。

<首都リスボン編>


何か料理作ってるおじさんと、料理されるのを待つ豚コック。
1ojisan.JPG


ウィンドウショッピングverパン屋。実は凄いイヤラシイ目だったり。
1panya.JPG


実は汚いケーブルカー。UFOって書いたの誰?
1rakugaki.JPG


公園のクジャク。多摩動とかにもいるし。
1kujaku.JPG


花屋は実はステキ目
1hana.JPG


公園のギャンブラー達。午後11時頃、あるべき老後の姿。
1gyanburer.JPG


頑張る芸人。「写真撮るなら金よこせ〜」
1geinin.JPG


今日は独立記念日。「事件より音楽よ、ちみ」警察官より。
1dokuritsu.JPG


アヒル
1ahiru.JPG


世界遺産!!…のすぐ傍の地下道眠い(睡眠)
1chika.JPG


どうですか。

ポルトガルにめちゃめちゃ行きたくなりましたよね!?(笑)


暇なときに、こういう無駄なことを続けていくので、よろしくグッド(上向き矢印)


(写真はクリックで大きくなります)


万が一、良く見たかったら…ですがふらふら
posted by ぺんぎん at 00:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

豊かさと給料の意味

ある働き者の日本人が出張で南の島に来ました。
彼は働きに働き、寝る時間もありませんでした。

自分が必死で働いているそばで、島の人はのんびりごろごろしています。
それを見てイライラした日本人は言いました。

日本人:「何故君たちは一生懸命働かないんだ!?」

島の人は言いました。

島の人:「じゃあなんでそんなに働くんだい?」

日本人:「そりゃあお金が入るからさ」

島の人:「そんなにお金を稼いでどうするんだい?」

日本人:「そしたら、海外旅行にだって行けるさ!」

島の人:「行ってどうするんだい?」

日本人:「南の島にでも行って、のんびりごろごろできるさ」

島の人:「今、してるよ」





給料の意味って何?

ある人は言った。「仕事はきついし、激務だろ?クレームだって来るし。精神的苦痛に対する補償みたいなもんだろ?」


給料の意味って何?

別の人は言った。「そりゃあ、お礼の一つの形だよ。相手が喜んだり、助けてあげたりして、その分が給料になっているんだよ。」


皆が考える給料ってどんなものかなぁ。上の2つだったらどっちかな。食ってくためのもの、多ければ多いほどいい。色々あると思います。

お金をたくさん稼いでいる、つまり、物質的豊かさを強く求めると、他の色んな事を失っている気がする。大切な人との時間。仕事以外の趣味。仕事が趣味や会話の中心になってる人って多いと思う。色んな精神的豊かさが減っているんではないかなぁ。

一方、お金を適度に稼いでいる、つまり労働時間が少なく使える時間が多い人って、精神的豊かさが多いと思う。


自分達って、精神的豊かさを売って、物質的豊かさを買っているのでは…?


僕らの日本という社会は、物質的豊かさという価値観に支配されているのかな。

例えば、極端な話、元々家を立派にすること自体誰も考えなければ、家賃やマイホーム購入代なんていらない。その分にかける時間を、有意義に精神的豊かさの充実にあてられる。プラズマテレビだって、価値がないって思えば、誰も欲しくない。

周りが皆、物質的豊かさを重視してると、社会の価値観がそうであると、考える余地もなく染まって陥ってしまう。

決まりきった価値観がなければ、代わりの価値観を自分で、自分なりのものを生み出そうとする。そのこと自体が精神的に豊かであると思う。



勿論、仕事が苦痛で給料も低ければ、それは自己実現ができている可能性が低い。
ただ、仕事が楽しくてお金が多いことが、精神的に豊かであるとはいえない。
代わりに何かを失っている気がする。

それは、世の中に沢山ある精神的豊かさを構成するごく一部の仕事にのみ力が入りすぎていいるのかも。

何が豊かって、豊かさのバランスの問題なのかもしれないね。


@人が100時間働いて手に入れた、ある世界での100という価値。
A人が10時間働いて手に入れた、別の世界での100という価値。

同じ100という価値(価格ではない)…なのに90時間の差は何なのだろうか?


@働きまくって、そのお金でゲーセンやカラオケに行く、100の価値。
A適度に働き、お金は少ないが、家族や大切な人と話したりゆっくりする100の価値。


@は、精神的豊かさを削った分を、一生懸命埋め合わせてるみたいだね。価値観への思考停止のようだ。
Aは、削った分が少ないから、その豊かな時間で何かができ、何かが考えられる。


最初の例の日本人は@のようで、島の人はAのようだよね。多くの日本人は、お金を稼ぐことと本質的な豊かさを、混同していて本質が見えていない。だいぶ前から騒がれているのに、目の前の物質的な豊かさに未だとらわれているから。こればっかりは、もう直しようがないんだろうね。
物を求めすぎたその代償を、精神的な豊かさの代償を、精神的豊かさで埋め合わせようとしている。それって結局プラスにはならないよね。でも、元々失っていなければ無理に求める必要もない。


最初の給料の話。

給料=(補償としての給料)+(お礼としての給料)

だとしたら?





補償としての給料なんていらない。

お礼としての給料があれば、それでいいんじゃない?
posted by ぺんぎん at 21:53| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 考えてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

起きました。

12時間以上寝たはず。
寝すぎで肩が痛い。。。
あ、腰も痛いし、首もだめだ。

こんだけ寝たのに疲れが治らない。


・・・ってことは!



睡眠時間が足りないんじゃないか!?



いや、寝すぎだろ


という訳でおやふみなさい黒ハート
posted by ぺんぎん at 18:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職活動で大切なこと

今って丁度そんな時期ですね。。
去年の今頃は、内定1つもらってほっとして、あぁでもここじゃ食っていけねーどぉしよう!とか何かやってた気がしまう。就活自体、テキトーだったし。

そんな中で、これだけは会社を選ぶ時に外せないって条件。


それは、「住」の確保!!


何よりも、住む場所をどうするかを考えることは大切!!
自宅なら、会社への通勤時間・混雑状況・終電終バスは必須。
一人暮らしなら、絶対に「住居手当(多額)」「社宅」「借上社宅」「寮」等何らかの補助があるとこに絶対すべきー!!
…って思います。。

@会社A:初任給21万、住宅手当無し。
A会社B:初任給19万、借上社宅(家賃5000円)

会社Aに入って、家賃が6万だったとしたら、@15万とA18万5000円。そこから、健保・厚生年金・所得税(大体3万)を引いたら、残り12万。そこから、食費3万、光熱費、ガス水道、住民税、携帯、ネット…生活できるのかしら?

「おれはやりたい会社に入るんだ」
  →誰だって興味ない会社には入らないでしょ?やらなきゃ分からんよ。

「残業代で住宅分くらい稼げるさ!」
  →残業代って、裏ルールで大体全部は出ないよ?(公務員は別)

「金なんか関係ないさ!」
  →じゃあどうやって生きてくの?家賃払うために働いてるわけ?


「住」の確保、絶対重要です。

今めちゃめちゃ困ってますから!!(笑)

就活中の方は、働いてからの自分を想像することを真剣にお勧めします。
就活中の甘い言葉は、全て嘘だと思った方が身のためです。

ちなみに、通勤時間、行き2時間+帰り3時間に薄給の自分ですが、
仕事内容・会社の雰囲気や人柄には大満足です。
先輩も、同期も、会社も仕事も本当に大好きです。
そんななか、住宅手当もわずかだけど、今思うといずれの時に大きいと思いました。
これで、仕事つまんなくて、雰囲気悪くて、上司とか人が最悪で、家賃ばっかりドカンと毎月引かれていったら、働く意味って何ですかね。お金すらも残らない。

就活、重要です。
住宅補助、要チェックです。


金曜だ明日から休みだー!!!グッド(上向き矢印)
posted by ぺんぎん at 00:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

言い方

「すみません」と「ありがとう」

何気に混同して使ってませんか?
おれは、何か会社であると、ついつい「すみません」って言っちゃってたんよ〜。しかも、びびりだから小声でぼそっと…。絶対最後の方聞こえてないわ〜。「すみま…」ぐらい。

でも、すみませんはこれからは止めるのだ!

例えば、先輩に何かを教えてもらって、うまく出来なかったり理解できなかった時。ついつい、「だめだなーおれ」って思って、教えてくれた先輩に申し訳なくって「すみません」って言っちゃう。

例えば、狭い通路を通る時、反対側から歩いてきた人が道を譲ってくれる。譲ってもらって何だか悪くて「すみません」って言っちゃう。

でも、「すみません」って言われた方の気持ちは??

何だか微妙だよね〜。確実にすがすがしくはないし、別に嬉しくもない。逆に、「いやいや、いいんだよ」って気を使わせてしまうかもしれない。教えてくれた先輩は、「教え方がまずかったかなー」って思ってしまうかもしれない。

だから、代わりに「ありがとう」を頑張るのだ!

大切なのは、自分が出来ないことや理解できないことより、教えてくれたことへの感謝の気持ち!道を譲ってくれたことへの感謝の気持ち!確かに、すみませんって言いやすいし、自然と口に出ちゃうかも。でも、それって本心じゃなくって、その場を取り繕うためだけの言葉の時もあるんじゃない?鼻毛レベルのどうでも良さだよね。

言われた方だって、絶対そうした甲斐があったって思うはず!嬉しくないことなんてない。

今更って感じのキレイ事だけど、改めて今日思いました。

「はっきりと明確に適切に自分の気持ちを伝える」どれもできねーよ(><;)
posted by ぺんぎん at 23:35| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 考えてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポルトガル詐欺事件写真編

先日書いた旅行中に初めてあった、詐欺写真編。
左上の空間が、詐欺られたロシオ広場です。

pic161.JPGロシオ広場


ちなみに、下の写真は、大好きなモンサラ−シュという村。
ポルトガルの内陸の方にある、何もない村です。
でも、民宿のご家族がめちゃめちゃ素敵だったん!一家で相撲見てたし(笑)
観光名所として有名だけど、私が行った時は宿泊客は、自分以外に老夫婦2人しかいませんでした・・・ふらふら

pic136.JPGモンサ外観

(クリックで少し拡大されます。)
posted by ぺんぎん at 01:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日睡眠3時間

・・・で何とか木曜が終わりました。
別に、帰るのが遅いとかじゃなくって。
夜更かしするクセが抜けなくなってしまったのです。
全てはアイツのせいです。


GWのバカヤロー!!あせあせ(飛び散る汗)


まぁ、そんな訳で。

1.仕事中うとうと。
2.コーヒー過剰摂取。

明日こそは!!!
posted by ぺんぎん at 01:01| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

詐欺事件

外務省海外安全ホームページより。


【最新スポット情報】
ポルトガル:日本人を狙った詐欺 (2005/05/09)

 最近、南アフリカ出身を自称する若い白人女性による詐欺事件が発生してい
ます。特にリスボン市内のメインストリートであるリベルダーデ大通りからロッ
シオ広場周辺及び空港において、主に日本人旅行者及び留学生が詐欺被害に遭っ
ています。
  以下の被害例及び対応策を参考にして、被害に遭わないよう十分注意して
下さい。

1.主な犯行手口
  若い白人女性が、英語で時間を教えて欲しいと話しかけてきます。応対す
 ると「両替をしたいので両替ができるところを教えて欲しい。自分は今日、
 南アフリカから来たがホテルでは南アフリカの通貨は両替できないと言われ
 た。」旨述べ同情をひきます。近くにある銀行や両替所などを紹介すると、
 「そこは既に行ったが両替できなかった。これから空港へ行って荷物をとり、
 その後セミナーに参加しなければならないが時間がない。どうしよう。」と
 泣き落としにかかります。タクシー代等を貸すと、先方は返済のための待ち
 合わせ場所及び時間を告げます。待ち合わせの場所に行くと、同じ女性が現
 れ、「ここまでのタクシー代が足りなかった」旨述べ、再度、お金を要求し
 てきます。待ち合わせ場所に現れたことで信用し、再度お金を貸し与えると
 連絡先として宿泊しているホテルや氏名等を告げます。後刻ホテルへ連絡を
 とると「そういう女性は宿泊してない」旨告げられ、騙されたことに気が付
 きます。



あっ・・・。


去年おれがやられた手口だ!(笑)


えぇ、実は去年の12月に単身ポルトガルに遊びに行ったんです。
それはリスボンにて、帰国3日前の夜のことでした。

自称南アフリカ出身の女性ロッシオ広場にて、地図を持って困っていました。


「両替所を探しているの」


あれ、何か色々似てますね(涙)

んで、リスボンはもう慣れていたんで散々両替所を紹介したんです。でも、近づくとすぐに「私の国のお金はここでは両替ができないの」と言い始めます。そして、「私は留学生として来ていて、明日の便で国へ帰らないといけないの」すでにもう怪しいですね。勿論そん時の自分は怪しいと疑いまくってました。でも同時に、困ってる人は助けてあげたいなんて思っちゃったりもしたんです。

で、彼女が地図を広げて言うには、「(空港の傍の会場を指して)ここに、セミナー代をドルで払わないといけないんだけど、そこま


なんか書くのもう面倒くさい(笑)


ようは、上のような感じです。後半がちょっと違うけど(パワーアップしてよる 笑)
バスで行けとか、警察行けとか、最低限のタクシー代で済ませようとか、極力お金には気をつけていたんですが、気づいたら、「長距離タクシー代、セミナー代、予備費」等1万円程やられました。

でも、言い訳ですが、途中で「騙されてもいいや」って思ってました。

ポルトガルって本当っにいい人ばかりで、何度も何度も一人旅を助けられていたんです。
ポルトガルには3週間程いたんですが、着いた時も、一人のおっちゃんがめちゃめちゃ親切でした。

空港からバスに乗ったのですが、どこで降りていいのか分からなかったんです。時間はもう深夜。すると、バスに乗ってたおっちゃんが、バス降りる場所やホテルの方向まで教えてくれて、一緒に降りてくれたんです。

んで、最初は怪しいと思って近くまで来て、ここでもういいって自分は告げました。でも、「お礼したい」ってことをおっちゃんに言ったら、「いや、いいよ。ポルトガルに来てくれただけで歓迎だよ。僕ん家はずっと向こうだから。じゃあバイバイ」と去っていったんです。

そうしておっちゃんは、バスに乗るためにバス停まで戻っていきました。知りもしない外国人のおれのために、わざわざ深夜に一緒にバス降りてくれてたんです。

そんなわけで、恩返ししたい気持ちで溢れてるところをやられました(笑)
情に訴えるなんで許せない。


以下、外務省からの対応策が載ってました。

2.対応策
(1)海外では、初めて遭った人(例えば外国人)に気安く声を掛けられた場
  合には、すぐに信用せず、まず警戒する。

→→フレンドリーになっちゃいましたごめんなさい。

(2)金銭的なことで困った人に遭った場合には、近くの警察や出身国の在外
  公館へ相談するよう勧める。

→→言ったけど英語で丸め込まれました。

(3)安易に金銭を貸し与えると、日本人は簡単に騙せると勘違いし、日本人
  が狙われることになるので、安易に金銭を貸し与えない。

→→安易じゃないけど貢献しちゃいました。

(4)日本人のなかには、「面倒くさい」、「早く関わりを終わらせたい」と
  考えるあまり、騙されていると感じながらも安易に金銭を貸し与える方も
  いますが
、それが次の被害へ繋がるので、不審に感じたらきっぱり断り、
  金銭を貸し与えないことを心掛ける。

→→日本の皆さんごめんなさい。

あー情けなしあせあせ(飛び散る汗)

でも、ポルトガルは本当に安全でのどかでいい国です。
声かけられても相手にしなければ、日本よりもはるかに安全ですよ。
posted by ぺんぎん at 22:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(8) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩はみがき

↑まじありえないたらーっ(汗)

なんではみがき粉に塩入れるんですか。
気づかずにはぶらしに付けて、「うえっ」ってなっちゃったじゃないすか。
これならまだ界面活性剤に毒された方がマシです。
家族は使えど、ささやかに反抗してやるさぁ!



てな訳で、
自主的な自己防衛を貫きます!!

とはいっても、この前歯を磨くとき、



洗顔料つけましたが(T_T)
posted by ぺんぎん at 21:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。